えのメモ

プリキュアとミリオンライブについて日々考えている者です。

ミリシタ呼称研究その2 木下ひなた

アイドルマスターミリオンライブ!に登場する子52人の誕生日ごとに、他メンバーへの呼称についてまとめることでその子への理解を深めるのが目的。純粋なデータまとめではなく執筆者(わたし)の雑感が入りますのでご了承ください。

 

※備考

・データについては全員の呼称があるミリシタ内「オファーテキスト」を参照

・呼称が変化した例は分かる限り書きますが抜けもあります(あったら教えて)

・主に呼称に差異が少ないことを理由に、人によっては短めの記事になることあり

・データに加えて執筆者(わたし)の感想・考察あり(念押し)

 

7/4は木下ひなた。14歳の中学二年生。

呼称はこんな感じ。

特殊パターンを含め、基本的に全員敬称付きで呼ぶ子ですね。

 

特殊敬称は一旦置いて考えると、基本的に自分との年齢比較でさん付けかちゃん付けか分かれています。例外はロコ。ロコは呼ばれ方がその子の法則から外れやすいんですよね。

同年代(14歳組)は半々くらい。法則性を見出すのは難しいですが、についてはサンリズム・オーケストラのイベントコミュ内でさん→ちゃんに変わるエピソードがあります。

 

特殊敬称の7人を細かく見るとこう。

お嬢さんやセンパイという呼称からは、ひなたの敬う気持ちや憧れが伝わってきますね。

シショーやセンセー、姫さん呼びを見るとひなたの純粋さがわかる。亜美真美に「シショー/センセーって呼ぶといいよ」なんて言われたのを素直に聞いているんでしょう。

 

 

次の子につづく。