えのメモ-プリキュアや漫画の感想ブログ

主にプリキュアシリーズについて、現行シリーズの感想を中心に語っていきます。たまに過去作を再走して感想を書くことがあるかもしれません。最新話は当日午後8時半更新を目標、過去シリーズや単体考察記事などは不定期。たまにプリキュア以外のことも書きます。

【トロプリ10話感想】泥まみれな2人の友情【トロピカル~ジュ!プリキュア】

f:id:Enoden_precure:20210503204449p:plain

トロピカル~ジュ!プリキュア10話。

満を持したまなつ回。と思っていたときが私にもありました。

 

 

改めまして、まなつローラ回であった10話。1話から続いた2人の関係性を総括する話だったと言えるでしょう。

無償で協力してくれる友達のために、あなたは何ができますか?

 

 

 

おしながき

 

 

 

ローラはまなつのために

勉強が苦手なまなつがテスト勉強に必死になる中、ヤラネーダの上位体であるゼンゼンヤラネーダ(名前は弱そう)の登場によって事態は急転。

Aパートで怪物が出てくる回は何かあるの法則。開幕必殺技ぶっぱの負けフラグも見事に回収、ゼンゼンヤラネーダに「おてんとサマーストライク」が破られたまなつはやる気を吸い取られてしまいます。

f:id:Enoden_precure:20210503191817p:plain

やる気を吸われたまなつ(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

1話では吸い取られなかった無敵のやる気が奪われてしまったということで、敵が強くなったのが分かりやすいですね。

 

奪われたやる気はアクアポットによって取り戻しましたが(敵を倒さなくても回収できるのは便利だ)、今度はポットが弾き飛ばされて水路に流れていってしまいました。

 

やる気を奪われたまなつは何をする気も出ません。

プリキュアをやめるなんて言い出す始末。

見かねたローラはまなつにやる気を戻すため、アクアポットを探しに水路へ飛び込んでいくのでした。

f:id:Enoden_precure:20210503193539p:plain

這いずる人魚(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

 

水路の中を進むローラ。

f:id:Enoden_precure:20210503194142p:plain

水路を進むローラ(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

憂いの表情

よぎるのはやる気を失ったまなつのこと。

まなつのあんな様子は見たくない。ローラが好きなのはやる気いっぱいのまなつだから

まなつのためならたとえ水の中、泥の中。

汚れた水路に一瞬躊躇しつつも、ポットを探しに飛び込んでいくのでした。

f:id:Enoden_precure:20210503194709p:plain

涙目になりながらも(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

これまでの話ではまなつからローラへの協力という形がメインになっていて、ローラがまなつのために何かをしたことって少なかったと思うんですよね。

まなつはローラのためにプリキュアとして、仲間として、協力してきた。じゃあローラはまなつのために何をするのだろうか?と、感じていた人も多いんじゃないでしょうか。

それが示されたのが今回の話。まなつがピンチになったとき、やっぱりローラもまなつのために動いたのですよね。普段は使命だの女王になるだの言っているローラも、素直じゃないだけでまなつのことが大切なんです。まあみんな分かっていましたよね。

 

 

 

自力復活

一方のプリキュアサイドはまなつを除いた3人でゼンゼンヤラネーダに対峙。

f:id:Enoden_precure:20210503200014p:plain

歯が立たない3人(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)


しかし4人でも倒せなかったところ、3人では苦戦必至。

それでも立ち上がる3人。今一番大事なことは、奪われたみんなのやる気を取り戻すことだ、と奮起して頑張ります。

その言葉に反応し、廃人のようだったまなつはついに立ち上がる。

倒れている大切な仲間のために、奪われたやる気を再度自分の中から湧き上がらせ、変身を果たすのでした。

f:id:Enoden_precure:20210503201157p:plain

f:id:Enoden_precure:20210503201202p:plain

自力で立ち上がるまなつ(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

 

そしてアクアポットを見つけ戻ってきたローラは、やる気を取り戻してキュアサマーへと変身したまなつを目にします。

ローラとしては、せっかく必死にポットを探してきたのが徒労に終わった形。

f:id:Enoden_precure:20210503201722p:plain

キュアサマーを見るローラ(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

でもこのローラの嬉しそうな顔ときたら。まなつの復活がなによりも嬉しい、そんな表情ですよね。

 

復活したまなつはいろいろなことに興味津々。

f:id:Enoden_precure:20210503202846p:plain

やる気を取り戻したまなつ(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

コスメも、人魚図鑑も、メロンパンも、どれもトロピカっている大事なこと。

そのトロピカっていることをやるためには、ゼンゼンヤラネーダを倒さなくてはならない。それが今、一番大事なことです。

 

アクアポットに入っていたやる気を、やる気を取り戻したまなつへ与えてバフをかけるという裏技じみた方法によってプリキュアたちはさらにパワーアップ。新しいリングによって得た必殺技「プリキュア・ミックストロピカル」でゼンゼンヤラネーダを倒し、みんなのやる気を取り戻しました。

 

泥まみれのローラに抱きつくまなつ。その泥はまなつのために頑張った証であるということを、分かっていることでしょう。

f:id:Enoden_precure:20210503204449p:plain

抱き合う2人(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

「何があっても辞めないよ。プリキュアって最高にトロピカってるもん!」

ローラとの友情を確かめ合い、プリキュアとしてローラと一緒に頑張っていくことを誓うのでした。

 

今回の話、私としてはめちゃくちゃ解釈が一致した内容でした。

まなつがやる気を奪われたら、それを取り戻すためにローラには必死になって欲しかったですし。一方で取られたやる気を誰かに取り返してもらうまで待ってるようなまなつは嫌だなぁって思っていましたから。

私の描いていたまなつ・ローラ像にぴたりと一致した形でした。じゃあ私の中のイメージってどうやって形作られたのかと言えばこれまでのお話になってくるわけですよ。つまるところ、ここまでの9話が一貫して筋の通った内容で、10話はそのまとめとして十分な内容だったということです。

とりあえずトロピカル~ジュ!プリキュア第1クールはとても良かったと、そう言えますね。

来週からは2クール目の山、恐らくローラ関連に向けて進んでいくことと思いますので、更なる期待とともに、感想も頑張っていきたいと思う次第であります。

 

 

 

おわりに~一番大事なことは、トロピカっているとは限らない~

さて。今回はそもそも、まなつの勉強から始まったお話でした。

f:id:Enoden_precure:20210503154503p:plain

9点のテスト(出典:トロピカル~ジュ!プリキュア10話)

勉強が苦手なまなつ。その原因は、勉強がトロピカっていないと彼女が感じていることにあるでしょう。

でも、コスメや人魚図鑑やマンゴーメロンパンを楽しむためにはゼンゼンヤラネーダを倒さなければいけなかったのと同じように、勉強をやらなければ部活やその他のトロピカっていることはできないんですよね。

 

まなつのポリシー、今一番大事なことをやる。これは楽しいことだけをするという刹那的な生き方を表しているわけではありません。

大事なことは必ずしもトロピカっているとは限らない。でも、大事なことに変わりはない。まなつとローラの友情の裏に、そんな教訓があったんじゃないでしょうか。

 

現代を生きる我々にも刺さるメッセージかもなぁと思いつつ。今回はこの辺で。

 

 

 

まなつの曇らせ回は第3クールに期待